バンコールプロトコル(Bancor Protocol)

June 7, 2017 Medium DotCom 0

ハロー・ワールド、私たちはバンコールプロトコル(PDFファイル)を支えるチームとして、分散型の階層的な金融システムをブロックチェーン上に構築しようとしています。 人々の間で行われている取引の世界に目を向けると、私たちがシェアしたり売買したりするものには主に2つのカテゴリーがあるということがわかります。すなわち、情報と価値というカテゴリーです。情報(テキスト、イメージ、ビデオなどのコンテンツ)が本質的に複製可能である一方で(情報をシェアするとき、あなたと他の誰かの両方がそれを所有することになります)、価値はそうではありません(誰かに与えると、あなたにはもはやその価値は残っていません)。 インターネットの時代が始まる前には、たくさんのプライベートな情報ネットワークがありました。ほんの数例を挙げるだけでも、BBS、Prodigy、Compuserve、AoLなどがあり、私たちの中にはそれらを覚えている年代の人もいるでしょう。パブリックなインターネットの台頭はありとあらゆることを変え、その時代を生き抜いてきた人たちは情報交換のために新しいオープンかつグローバルな規格を採用しました。それは、TCP/IPのネットワーク群に依存しており、相互接続契約を通して相互に連結されていました。 ブロックチェーンが登場するまでは、すべての通貨は価値を表すものであり、閉じたサイロの中にとどまっていました。ビットコインによって開拓されたブロックチェーンは分散型の価値交換ネットワークであり、それはいわばマネーのインターネットです。ブロックチェーンは最終的には今日のプライベートな銀行ネットワークの大部分を置き換え、新しいプレーヤー(および順応した古いプレーヤー)が新しいタイプの価値を作り、誰にも所有されることのない開かれたグローバルなシステム内で取引を行うことを可能にするでしょう。 1990年代の後半以来、バンコールチームはインターネット上でさまざまなプロダクトを作り続けてきています。私たちの携わってきた会社には、Contact Networks、MetaCafe、Mytopia、Particle CodeやAppCoinがありました。私たちは2011年にビットコインと出会い、ユーザー生成型通貨の可能性を模索し始めました。そして2015年のイーサリアムのリリースの後、私たちはスマートコントラクトがゲームチェンジャーであり、通貨の生成とカスタマイズのスケールを可能にするということを理解しました。価値を管理し維持する(トークンとして表される)プログラマブルなモジュールは、無視できるほど小さなコストで価値に関連したプロセスを行うことができます。そのプロセスとは、さまざまな組織によって現在扱われているようなプロセスです(例えば、幾つか例を挙げるとすれば、エスクロー・サービス、為替、法律事務所などがあります)。しかし、価値交換のためにオープンな規格上でデジタルマネーの管理を可能にする自律的な分散型コードを実装することは、想像よりもはるかに難解なものです。 2016年の夏、分散型のグローバルエクスチェンジの基礎を築く暗号通貨のための新しい規格を作るために、(あるデジタルトークンが他のトークンを準備金として保持しておくという)階層的な金融システムを作ることを目標として、私たちはバンコールに取り組み始めました。それは、自律的であり、スプレッドがなく、取引先リスクもなく、どのような資産に対しても継続的な流動性を提供するものです。そして、インターネットがコンテンツに対して行ったように、通貨のロングテールを可能にするものでもあります。 インターネット上の皆さんのレビューとコメントを得るために、私たちはドラフト版のホワイトペーパーを共有したいと思います。 どんなものでも構いませんので、フィードバックを頂けると幸いです。 バンコールチームhttp://bancor.network Source link